いよいよ1階編の最終回が「階段下」です
平屋建てでない限り、「階段下」にスペースができますよね。

ここをトイレにしたり部屋として使う場合もあるかと思いますが、我が家では多くの方がそうするように、「階段下収納」として活用しています

スポンサーリンク



ちなみに、階段下収納は現在の姿をお見せできる状況ではないので、引っ越し前の写真で雰囲気を感じていただければと思います。
DSCN6059

写真の左が階段下です。

なんと、青空のクロスです 

そして、見えませんが、床はフローリングです。

実は当初、クロスもフローリングもない予定でした。

営業さんから、

「クロスとフローリングはなくてもいいですか??」

と聞かれても、

「まあ、別に収納するだけですし、入口にはロールカーテンみたいなのをつけるから特にいいですよ

と何も考えずに言っていたのです。

興味がない証拠ですね。。。


しかし、棟梁さんが見るに見かねたのか、当初予定より余ったクロスとフローリングを使って階段下も丁寧にクロスとフローリングを貼ってくれたそうです

これは正解でした

実際に物を置くときにクロスとフローリングが貼ってあるのとないのとでは、全然雰囲気が違います。

クロスとフローリングがないただの押入れと比べると、貼ってもらってよかったなと思いました


さて、「永遠のテーマ」なんて仰々しいことを書きましたが、階段の下ですから、斜面ができてしまって、使いづらいですよね。

無題
我が家はストレート階段なのでこんな感じです。

黄色の□は入口です。

照明もついていないので普段は薄暗いですね。

といっても、書斎にするわけでもないので、特に照明はつけませんでした。

用途によっては、照明やコンセントをつけることも考えた方がいいですね。

結局は何の変哲もない階段下収納にしたわけですが、「上の空間」をいかに無駄にしないように収納するかを考えて、日々闘っております。


さて、Web内覧会も今回で30回を迎えましたが、私自身も昨日で20代を卒業しました

仕事を始め、妻と出会って結婚して、家を建てて、子どもを授かって、人生の大きなイベントをたくさん経験した20代でしたが、これからはどんな10年になることやら