LDKが終わりましたので、1階もご紹介するところはあと少しです。

今回は「納戸」です。

スポンサーリンク



納戸なんて大して工夫するところなんてないんだから、わざわざ1つの記事にするなんて、と思われるかもしれませんが、納戸をなめてはいけません


タイトルにもありますように、

納戸は「場所」が命です。


納戸を活かすも殺すも、その納戸そのものの機能ではなく、家の中にどうやって「納戸」を位置付けるかだと思うのです。

納戸については、実はこちらの記事でちらっと出たことがあるのですが、




下の間取りの左上にある「物入B(3030)」が我が家の納戸です。
無題


いろいろなモノが集まりやすく散らかりやすいリビング(+キッチン、ダイニング)に沿うような形で収納があります。
無題


私の考えでは、

納戸は、

(1)生活動線の中に位置づける

(2)LDKのそばに置く


と便利です。


もし家の中で納戸が隅っこにあると、わざわざそこまで取りに行って、またしまいに行かなければなりません。面倒になって、物が出たままになる可能性があります。。。


生活動線の中に位置付ければ、ストレスが減ります。

特に物が多いLDKのそばに置きたいものです。

無題


もちろん、玄関のそばとか他に場所にあってもいいと思いますが、

「なんでここに納戸を置くのか」

ぜひ話し合ってみてはいかがでしょうか。



・・・と、1時間前にここまで書いて更新したら、

妻から「図面だけで写真はないのに内覧会なの??」

とツッコミが入りました

確かにそうですね。
sDSCN6989

納戸の中は大量にものがつまっていて見苦しいので色を反転しました。
sDSCN6991

・・・なんか、レントゲン写真みたいですね

LDKに近く、1階と2階の間にあるため、トイレットペーパーやティッシュペーパー、紙袋などのストックや掃除道具が入っています。