3年前に50回シリーズをお届けしたWeb内覧会について、その後も描いた2ndシーズンをお届けしたいと思います(1年前に断念して再チャレンジです)。

結局、3年経って、あのころを振り返ってどうなの~というところをお伝えできればと思います。

ライフスタイルが変われば、家も変わりますものね。
  

スポンサーリンク



まずは玄関前から行きます。

玄関と言えば「玄関ドア」。そして「ポーチの照明」です。


【3年後の感想】
1回目から玄関ドアとポーチという照明という牛歩戦術でスタートしましたね^^;

でも、今でもこの2つは気に入ってます。


1.玄関ドア

我が家が選択した玄関ドアはこちらです。

【商品名】
断熱ドアプロセレーネ3尺ドア断熱タイプ
(QPN017)準防火対応

【色】
シャンパングレイ


【検討のポイント】
最初の設計上は「親子ドア」でスタートしました。
無題
しかし、我が家の間取りは、玄関からリビングへの入口が狭く、せっかく玄関を親子ドアにしても、家の中に大きなものを運び込むことはできません。

装飾的な意味合いで親子ドアにするか否かを判断することになりました。

結果として、装飾よりも私は玄関内の壁が減ることの方が嫌だったので、親子ドアはやめて「片開きドア」にしました。


【3年後の感想】
装飾的、という意味では、すぐ左には和室の窓が存在感を放っているので、3年間以上住んでいますが、まったく寂しいということもなく、我が家の場合は、片開きドアで十分でした。

そして、下の間取り図のオレンジ色の枠部分も、やはり片開きにして壁を確保したため、野菜を置く段ボールがあったり、ミネラルウオーターの段ボールが置かれたり、子どもの三輪車が置かれたりと、何とかしたいところです・・・。
無題


2.ポーチの照明

さて、玄関ドアに続いてどうしようかな~だったのはポーチの照明です。

悩んだ結果、我が家が選択したのはこちらの照明です。
P1000202

【商品名】
HWC8654E-IJ アウトドアライト
電球色 センサー付

【色】
プラチナメタリック



【検討のポイント】
他にもいくつか選択肢があったポーチの照明ですが、「ダウンライト」は2人の趣味に合わなかったため、最終的にはこのデザインになりました。

ちなみに、我が家は、今は亡きインテリアイチジョウのパッケージプランで全照明を選択しています。

現在の選び方とは全然、違うと思いますが、デザイン的に同じようなものがあれば、参考になれば幸いです。

結構、気に入ってます。


夜の雰囲気はこんな感じです。

上下に光が伸びるのが特長ですね。
P1000215
なお、この写真を撮りに行こうとカメラを持って抜け出したら、当時、2階にいてインターホンの子機の調子を試そうとたまたま外の様子を見ていた妻に不審者と間違われました^^;

たしかに、こんな時間(0時前後)に家の前で写真を撮っているなんて不審者以外の何者でもないですね。妻に声をかけなかったのが悪いのですが。


【3年後の感想】
3年以上経っても、相変わらず我が家の玄関を照らしてくれています。

センサー付とはいえ、スイッチを入れなければ、反応しません。

妻は、私が帰ってくるときには、この3年間以上、欠かさずスイッチを入れてくれていました(私が逆の立場の時、ときどき忘れます)。

毎日、妻に感謝です。


===

次の記事へ Web内覧会#02 インターホン(ドアホン)


他の記事へ
 【目次】 Web内覧会・全50回

===
1stシーズン 2012年5月6日更新
2ndシーズン 2015年10月13日更新