AIUの火災保険にすることにしましたが、とにかく保険というのは高額商品にもかかわらず、分かりにくいです。

高いお金を払って無駄な補償をつけても意味がないですし、かといって安くした結果、いざというときに補償がなければこれまた意味がありません(保険ですので)。

ところが、そのさじ加減が難しいです・・・

というわけで、我が家に何が必要なのか確認しながら、火災保険っていつ役に立つのか考えたいと思います。

スポンサーリンク


保険会社:AIU保険会社

商品名 :ホームライフ総合保険

⇒ ホームライフ総合保険は、オーダーメードが売りみたいです。
高台にあって川も近くにないのに「水災」は外せませんよとか、そういうことは言いません。

AIU保険


構造級別:T構造

 ⇒ 建物の構造によって保険料が異なります。
 ⇒ 構造級別は、

    M構造(マンション構造)

    T構造(耐火構造) 鉄骨造、省令準耐火建物など

    H構造(非耐火構造)ただの木造など
   の3種類があります。
 ⇒ 上に行くほど燃えにくく保険料も安くなります。
 ⇒ 我が家はi-cubeなので標準で「省令準耐火建物」に該当です。
 ⇒ 準防火地域とは何の関係もありません。


保険期間:火災保険35年間+地震保険1年間

払込方法:火災保険は長期一括払い、地震保険は年払い

 ⇒ 火災保険はいろいろ支払方法はありますが、
   お金があれば長期で支払った方が保険料が安くなって得です。
 ⇒ ただし、将来のことなんかわかりませんので、あえて
   年払いとか5年ごととかにして見直しをしっかりやるのも
   戦略的ですね。35年も本当に住んでいるのか。。。
 ⇒ 長期一括払いだとしても、5年後とくらいに見直しを
   したいですね。
 ⇒ 地震保険は年払いか5年ごとですが、ひとまず年払いで。


保険対象:建物
      保険金額2,300万円(地震保険はその半額)
     家財
      保険金額300万円(地震保険はその半額)

 ⇒ 生命保険と火災保険は全然違う保険です。
 ⇒ 生命保険は残された家族の「生活保障」です。
   3,000万円の契約で死亡すれば3,000万円出ます。
 ⇒ 火災保険は火災等による「損害補償」です。
   3,000万円の契約でも、損害が2,000万円なら
   2,000万円しか出ません。補償対象が大きすぎます。
 ⇒ 適正な金額にしたいですね。
 ⇒ 家財も同じです。
 ⇒ ちなみに地震保険は火災保険の保険対象の50%までです。


続きは次の記事で。