土地探しのときには、交通の便で考えることも多いかと思いますが、なぜか駅から近くて広さもあり、お値打ちな価格にもかかわらず、買い手がなかなかついていない土がありました


いろいろな不動産会社が紹介しているにもかかわらずです。なぜでしょうか

スポンサーリンク



それは例えば、過去に集中豪雨で近くの河川が氾濫し、1階部分が水に浸かってしまったような土地だったりします


特に県外から土地を探しに来た方が、何も知らずにその土地を買って、家を建てた後に気づくこともあるようです

水害や洪水については、ハザードマップを参考にして一度確認することをおすすめします

国土交通省:ハザードマップ
http://disapotal.gsi.go.jp/


できれば川から離れたところやある程度高台に家を建てたいところです


なお、津波のハザードマップも自治体によってはあるようですが、東北地方では、東日本大震災の際に津波の対象領域になっていない家々も津波の大きな被害を受けたそうです

ハザードマップで大丈夫だから逃げないで被害を受けた方もいるのではないかと言われているそうです。。。

ハザードマップはあくまでも目安であり、ハザードマップを過信しすぎないで防災対策を考えることが大事かと思います。避難場所や避難経路なども載っていますので、平時のときに確認しておくことも必要でしょう。


土地を探される方は、見えないところの情報収集をしつこく行って、粘り強く探されることをおすすめします