1年の計は元旦にありといいながら、元旦って、1月1日(元日)の午前中あたりのことをさしているみたいで、起きて朝ご飯を食べて年賀状を整理してたら終わりましたよ

しかたがないので、「1年の計は正月にあり」と勝手に変えて、正月休みの間に今年1年の計画を勝手に考えております

そんな中で、考えないといけないのが「資金計画」です。

スポンサーリンク



土地も建物もいくばくかの頭金のほかはつなぎ融資でがっつり借入しているので、そろそろ資金計画を考えておかないと、外構工事やインテリア一条への支払い、家具・家電の買替えや引越し費用、はてはフロアコーティングまで、ポポポポ~ンとユキチさんが消えていきます      


というわけで、あんまりお金の話はすべきではないというのが日本人の美徳ではありますが、これから家を建てる方の参考になればと思って大雑把な金額を出したいと思います。

a0001_011517


まあ、坪単価計算なので、建物については坪数を書いてしまえば大体いくらかわかるわけなので、特に公開してもそれほど驚くような金額にはなっていないと思います

ただ、ほかの土地とか諸経費はそれぞれかと思いますので、「へえ~」くらいにはなるかも。

本日はまず、実際にかかる総額を把握することから始めたいと思います。


【1】土地 
 物件価格+諸費用(つなぎ利息・登記・固定資産税) 2,300万円

  ⇒ 不動産業者に対して頭金+つなぎ融資で決済
  ⇒ フラット35Sで返していきます。

【2】建物
  建物本体工事 1,930万円(本体坪単価約57万円?)
  建築申請他・給排水工事等 180万円
  オプション工事 170万円(ほとんど基礎・地盤改良関係
  消費税 120万円
    合計 2400万円(全体坪単価約70万円?)
  ⇒ 一条工務店に対して100万円+3回に分けてつなぎ融資で支払
  ⇒ フラット35Sで返していきます。

【3】外構工事 第1期工事40万円    第2期工事190万円
  ⇒ 第1期工事は預金から支払済
  ⇒ 第2期工事は2月・4月に分割支払予定

【4】エアコン・カーテン・照明 70万円
  ⇒ 3月引渡し前支払予定

【5】諸経費(上下水道加入金、登記費用・諸税など) 100万円
  ⇒ 精算金から支払予定?

【6】火災保険料 40万円

【7】引越し費用・フロアコーティング・新居家具・家電 110万円


【合計】 5,250万円(24年1月1日現在)


だいたいこんな感じでしょうか。

ざっくりしているので、丸い数字になっていますが、もちろん端数がありますので、あくまで参考程度に。

プラン等によって、異なる部分もあるかと思いますので、自分の家と違うと思っても、個別の事情かもしれません。

ただ、大きくかけ離れているときは、確認してみてもいいかもしれませんね。