最近、整理・収納計画を実行していて、改めて順番は大事だなと思いました。

収納・片づけシリーズでは、「整理→収納→片づけ→掃除」という順番が大事と書いていましたが、これは「物が散らかっていない状態」でキレイを維持するときに有効な順番ですね

物が散らかっている状態」のとき、つまり整理・収納計画を実行するときには、この順番ではどうしても不都合があります
スポンサーリンク



まず、私の場合は「場所」を決めます。

 整理

その場所にある「物」をすべて出します。

トイレならトイレにある物を出します
(1か所ごとにやらないととんでもないことになります。)

必要な物と不要な物を分けていきます。
不要な物は捨てる、使用するなど処分方法を考えます。


 掃除

今までキレイをキープしていればいいのですが、そうでないときには、ほこりがたまっていたり汚れているでしょう。

a0800_000565

そうすると、収納どころではありません
掃除機をかけたり、洗剤で磨いたりする必要があるでしょう。

収納の前に「掃除」。

これが整理・収納計画の時の順番です

そもそも家(部屋)がごちゃごちゃしている場合には、物を動かしていないので、整理によってすべて物を出した時に、なんて汚れているんだろうと嫌でも気づきます


 収納

ようやく掃除が終わって、使いやすさを重視して収納を考えます。
使うときのイメージを考えてみて、置く場所、収納方法を決めます。

今までの収納方法を一度リセットして、実際に使っているときの不満を思い出しながら変えてみると、簡単に使いやすくなることがあります。

バスタオルを妻の身長では高いところに置いていたのが、ちょっと置き方を変えるだけで取りやすいところに変更することができました。
何年間も無駄なことをしていました

でも、ごちゃごちゃしている家(部屋)は、物の循環が悪いので、収納方法を根本から見直すだけで、単に片づけやすくなるだけではなく、
見つけやすく取り出しやすくなることで、時間の短縮につながります


整理→掃除→収納」という順番で進めないとうまくいきませんでした。

ちなみに、片づけというのは本来「維持管理」の世界なので、整理・収納計画が終わってから、「整理→収納→片づけ→掃除」のサイクルを回していくときに初めて出てくるのではないかと思っています


それにしても、掃除機を片手に、普段使っていない洗剤を取り出して、ピカピカになっていく姿を見るのは気持ちがいいものです。
(なんで普段、開かずの場所が多いんだろう・・・


ちなみに、
今日こそ部屋を片づけるぞ」と思ってがんばろうとするときには、整理・掃除・収納の順番を守った方がいいように思います。

もっといえば、「整理・掃除・収納」が全部1日でできなくてもOKです。

今回は、平日にもちょっとずつやっているので、今日は「この部分を整理だけでやるぞ」とか「今日は掃除をしよう」とか、分けて作業することもできます。

(自分は「整理」をしているのか、「掃除」をしているのか、 「収納」をしているのかを意識すると、作業を割り切って行うことができます

いったんすべての物を出して、整理してから掃除するだけでもすっきりします。
収納は、時間がなければ別の日に考えても問題ないでしょう。