最近、食器洗いをしていたら、スポンジの加減を間違えて、薄いグラスを手で割ってしまいました

手もところどころ血が。。。

夏なので、グラスを洗う機会が多いのですが、我が家のグラスって、いろんな種類があってバラバラです。

そんなときにふと、昔実家で使っていたグラスを思い出しました。

スポンサーリンク



a0011_000321
Saint-Gobain K.K./DURALEX picardie tumbler


カフェでこんなグラスを見ると、ついつい裏返してしまいます。

そうすると、『DURALEX/MADE IN FRANCE』と書いてます

DURALEX(デュラレックス)は、フランスの国営企業、Saint-Gobain K.K.(サンゴバン社)が作っているんですね。

ちなみに、「picardie(ピカルディー)」というのはその種類の1つで、このほかにもいろいろありますが、カフェでよく見るのはこのタイプですね。

その特長は、
・デザインがお洒落
・強化ガラスで頑丈 (通常のガラスの2~3倍)
・食洗機でももちろん洗えます

・熱に強い(電子レンジも OK)
・汎用的で補充も楽(どこにでもある)
・割ってしまっても破片が粉状になって安心(簡単に割れないので見たことないですが)
・積み重ねて片付けられる
・上記の特長があるのに"安い"
というわけで、カフェで使われる機会が多いのもうなづけるところです

新居になったら、メインのグラスをDURALEXにしたいなと画策中です。(妻は100円均一で良いそうですが、グラスについては譲りません


価格はいろいろあって相場がよく分かりませんが、1個当たり200~400円(容量にもよる)、6個セットで1,000円~2,000円前後かなというところです