i-cubeの基本は「オール電化」のため、多くの方がオール電化を選択されているかもしれませんが、我が家では「電気・ガス併用」です。

全館床暖房、キッチン、浴室の給湯でガスが活躍します。

オール電化にするのか、電気・ガス併用にするのかは、メリット・デメリットの比較も不可欠ですが、我が家はイメージで決めたところもあるかと思います

nerona : 料理は火を見ながらやりたい
妻 : 電磁波に関する本を読んでしまって、IHに抵抗が

というわけで、最初から「ガス」にしていましたが、ガス式全館床暖房やDELICIA(デリシア)、エコウィルの体験をするため、ガス会社の体験施設に妻と行ってきました
スポンサーリンク



◆ガス式全館床暖房について


一条工務店の工場見学と同じように、冬と同じくらいに冷やしたところを抜けると、ガス式全館床暖房の部屋が用意されていました。

やっぱり床からじんわり温かいですね

60℃くらいのお湯を床に通すだけで、天井まで1~2℃しか室温が変わらないのは相変わらず不思議です。

あらためて全館床暖房が楽しみになりました

お隣には、エアコンにより温めた部屋がありましたが、足元が冷えてなんだかお腹が・・・。

そういえば、「床冷房」というアイテムが世の中にはあるようですが、足元から冷やすのは、身体にはいいんでしょうか

個人的には受け付けないかも。。。

さて、ガス式と電気式とでは、次のような違いがあるようです。

ガス式

電気式

暖房

暖房能力が高いため、立ち上がりが早い

厳冬期でも1時間あれば温まる

暖房能力が低いため、立ち上がりが遅い

厳冬期は半日以上必要

メンテナンス不凍液を使わないのでメンテナンスフリー不凍液の補充(1~2年毎)、入れ替え(10年毎)が必要
ランニングコスト

長時間連続使用すると割高になる

長時間連続使用の場合、ガスより安くなる

我が家の地域のおまけ

標準コンロをDELICIAコンロに50坪ごとに1台のエアコン付き

ちなみに、ガス会社の作成した資料をもとに書いたので、ガス会社に有利に書かれているような気もします。

電気会社の資料を基にすれば違う説明になるかもしれません

ただ、我が家では長時間連続使用する生活スタイルではないので、立ち上がりの早いガスの方がやっぱりいいねという結論になりました。


◆エコウィルについて

エコウィルは、オール電化に対抗した、ガスに基づく発電装置ですが、ガス式全館床暖房にしてどんどん給湯しないとあまり効果が出ないようですね。

発電するエンジンが思ったよりも振動と音があって、どうかなあというところです。。。

また、売電価格も42円/kWhから34円/kWhにダウンしてしまいます

これを補うために、ポイント還元のような形で、42円と34円の差額を埋めてくれるキャンペーンをどこのガス会社さんもやっているようですが、残念なことに売電量の上限があるみたいですね。

我が家の場合は、想定の半分近くが上限を超え、導入する意義を感じられないため、エコウィルの導入は見送ることにしました


◆DELICIA(デリシア)について

最後に、ガスコンロの完成形(?)、DELICIAです。
41kjzNIvpbL

リンナイのCMはこちら。



オール電化にした場合には、エアコンがつくようですが、私たちの住む地域でガス併用型にした場合には、このDELICIAがつきます

メーカー小売希望価格は約38万円の高額商品です。

 ・ガラストップで掃除が楽
 ・食洗器でいろいろ洗える
 ・デザインがカッコいい
 ・鍋を置かないと火が点かない鍋なし検知機能付き 
 ・消し忘れ機能付き
 ・タイマー付きで麺を茹でるのも便利
 ・焼き魚を自動で作ってくれる
 ・油の温度を設定し、一定の温度に保ってくれる
 ・ホットプレートのように一定の温度に保つこともできる

今まで使ってきたガスコンロとは全然別物です

タイマーなど、IHでしかできないと思っていたことがガスでもできるのは嬉しいですね

DELICIAで料理を作るのが楽しみです。

他のエリアでもガスを選択すると何かおまけがあるんでしょうか