2階をお風呂にすると、

【メリット】

(1)洗濯動線(入浴動線)は2階で完結させたい
⇒着替えをもって1階に下がるのが面倒

(2)プライベートスペース(寝室・子供部屋・浴室)を見せたくない
⇒来客中にお風呂に入っても問題なし

(3)2階なら窓を開けたままでも防犯上問題なし
⇒最初から人が入れる窓を設置しませんが。。。

【デメリット】

(1)水漏れの心配がある
⇒ユニットバスなので、ほとんどないようですが、心配する人はします。2世帯住宅では2階浴室も珍しくないようですが。。。

(2)2階浴室は家の売却がしにくい
⇒1階浴室が多いせいか、もし売却する事態になったときは不利です。ただ、今から売ること考えて建てるのはどうなんだろう。。。

(3)老後は2階浴室はつらい
⇒平屋でない以上、階段は必須ですが、ホームエレベーターの設置という選択肢も世の中にはあります。


他にもメリット・デメリットはあるかと思いますが、妻が知らないところでneronaがいつの間にか、独断と偏見で検討した結果、お風呂は2階にもっていきました。

前置きが長くなりましたが、2ndプランでは、浴室の仕様について検討です

スポンサーリンク



◆風呂の大きさ

風呂の大きさは、間取りの変更に伴って1坪⇒1.5坪⇒1坪(決定)と変遷しましたが、もともと1坪で十分だと思っていましたので、妥当なところでしょうか (i-cubeではいずれも標準?)

いいんです。湯船の大きさが同じなら。

湯船で体操座りしないと入れない私としては、洗い場の大きさよりも、湯船の大きさの方が大事です

ただ、妻は逆にちんまりしているので、半身浴タイプ(オプション)の導入を希望していました

半身浴をするためではなく、ちょこんと座るためなんですね。

なるほど、逆の立場ではそうなるわけですね。

また、半身浴タイプにすると、人造大理石になるという副次的効果があり、汚れにくいという情報もあります。

そっちの方が大事かも

オプション価格約5万円です。

では、導入の方向で。



◆i-スタンダード or i-クオリティ

いきなり大きさから入ってしまいましたが、仕様としては、

【i-スタンダード(標準)】
浴室i-スタンダード

【i-クオリティ(オプション:+9万円)】
浴室i-クォリティ

の2種類がありますので、この選択になります。

i-クオリティはなんだか素敵なホテルの雰囲気です

ただ、個人的にはお風呂に入っている時間が短いですし、別に見せる人も親族に限られているでしょうから、そこまでのこだわりは予算の関係からなしの方向です


◆その他オプション

その他オプションとしては、
 ・ジェットバス
 ・ミストサウナ
 ・浴室テレビ
 ・浴室換気乾燥機

があるみたいですが、特にお願いしませんでしたので、価格はよく分かりません

浴室換気乾燥機については、お風呂で洗濯物干すかなと思っていましたが、設計の方が、「つけなくても結構早く乾きますよ」とのことでしたので、追加しませんでした。