自分も土地探しをして驚きましたが、土地の価格というのは、

【土地の価格】=【土地の本体価格】+【諸経費】

という算式で求められます。

この算式で曲者なのが【諸経費】です。


スポンサーリンク


私たちのように最初から土地を持っていない場合、当然、土地を探します。

しかし、ネットで不動産情報を検索したり、不動産屋さんで土地情報を見せてもらったときに、本体価格ははっきり書いてありますが、なかなか見えてこないのがこの諸経費です

【主な諸経費】

・仲介手数料
売買価格×3%+6万円+消費税が上限


売主=仲介業者だと0円

・土地登記費用(司法書士報酬)
自分でやれば節約?

・土地のつなぎ融資利息
自己資金があれば軽減できるが・・・


・よう壁
土地が安いのに買い手がなかなかつかない場合、よう壁でかなりの金額がかかる可能性も

・地盤改良費用
一条工務店さんと一緒に探していれば、近隣状況からあらかじめどの程度必要なのか見込める

・水道加入金、水道引込工事
自治体によって異なるが、水道の状況を確認

・ガス引込工事

ガスが土地まできているか状況を確認

・税金関係
 ・土地売買契約書に貼る印紙代
 ・不動産取得税
 ・登録免許税

この中で、どうしようもないのは税金関係ですが、それ以外の費用については土地によって全く異なります。

私たちは土地探しを一条工務店の営業担当の方と一緒にすすめましたが、上記のうち赤字の諸経費が土地情報では分からないので、かなりの部分で助けていただきました
a0001_011515

このほかにも、費用ではありませんが、北側斜線などの法的規制もあるので、土地探しをする場合には、できる限り建築会社を決めた方がいいように思います

ただし、住みたい土地には建築条件がついていることも多いので、環境にこだわる方はむしろ土地から探して建築会社を選んだ方がいい場合(私たちも何度建築条件がついていてあきらめたことか)もあるかと思います。

難しいですね


【我が家の場合(分からないものは多めに見積もり)】

・本体価格  2,200万円
・仲介手数料     0円(売主=仲介業者)
・契約書印紙代 1.5万円
・不動産取得税 36万円?(減免あるかも)
・登録免許税  12万円?(減免あるかも)
・司法書士報酬  5万円?
・つなぎ融資利息 30万円?
・よう壁    ほとんどなし(両隣がブロック壁あり)
・地盤改良費用  33万円?(深基礎対応)
・水道加入金   45万円?
・ガス引込工事  0円(ガス会社)
         約2,363万円?

仲介手数料がかからなかったのが本当に助かりましたね。
かかっていれば76万円くらいになりますし。
それでも150万円くらいは土地の諸経費になりそうです