まずはご出産、おめでとうございます。お子さんが健やかに育つことを心からお祈り申し上げます。

さて、産休から出産、子育てと、いろいろなことがあっという間に過ぎ去っていく中で、年末調整や確定申告のことを聞いて、まだ先のこととはいえ、「我が家はどうなんだろう」と疑問を持たれているものと思います。

私の妻も職場でいろいろ書類をもらったりして、「これは何?」と聞かれていた気がします。

そこで、税金で得することをまとめました。

スポンサーリンク



[節税] 配偶者控除・配偶者特別控除が使えないか?

この点については、下記の記事をご参照ください。

関連記事  【年末調整・確定申告】共働きでも産休・育児休業中は配偶者控除を要チェック

要するに、103万円以下なら配偶者控除が、141万円以下なら配偶者特別控除が使えるので、取りこぼさないようにしましょう、ということです。
a1640_000191



[節税] 16歳未満の扶養親族で住民税を非課税にできないか?

お子さんが産まれていますので、16歳未満の扶養親族が1人増えていることになります。

以前は、扶養控除の対象だったのですが、税制改正によって、現在は、直接、「所得税」には関係はありません。

しかし、「住民税」では、非課税となるかどうかを判定する上で、非常に重要なため、場合によっては、ご主人様ではなく、「奥様」自身の扶養にしておくと、住民税が非課税となって節税になる可能性があります。

関連記事 16歳未満の子供がいたら、パートの奥様の扶養にすればいいのに

ざっくり言うと、次の所得(年収ではありません)以下だと、住民税が非課税になります。

【扶養人数と非課税の関係】
0人 → 所得35万円まで
1人 → 所得102万円まで
2人 → 所得137万円まで
3人 → 所得172万円まで

奥様の扶養にした方が住民税で得する可能性があったりします。

ただし、デメリットもあるので、記事をよくお読みください。


[節税] 医療費控除は使えないか?

出産費用も医療費控除の対象となります。

家族全員の分を合算OKなので、たいていはご主人様で医療費控除を行うことになります。

年末調整では受けられないので、確定申告をする必要があります。

原則として、10万円を超える分が対象となりますが、

所得200万円以下なら「所得×5%」を超える分

が対象となりますので、場合によっては奥様で医療費控除をした方が良い場合もあります。

<対象>
・妊娠と診断されてからの定期検診や検査などの費用
・通院費用
・分娩、入院費用
・入院中、病院で支給される食事代
・出産時のタクシー代、駐車場代
・歯の治療費
・医師による診療等の対価として支払われる不妊症の治療費や人工授精の費用

<対象外>
・妊娠検査薬、妊婦用下着
・差額ベッド代
・入院に際し、寝巻きや洗面具など身の回り品を購入した費用
・赤ちゃんの紙おむつ代、ミルク代

ただし、これらの費用からは、医療保険などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金を差し引いて判定します。

支払っている費用は多くても、もらえる金額も多いため、医療費控除の対象はそれほどない場合もあります。

特に、出産育児一時金を引くのを忘れて確定申告をしないように注意しましょうね(年末調整ではできません)。


医療費はクレジットカード払いできないか?

大きな病院では、クレジットカードでの支払いに対応しているところが多いかと思います。還元率の高いクレジットカードを使うことで、ポイントをしっかり貯めることができます。

また、出産の際には、出産育児一時金を出産費用に直接充当する「出産育児一時金直接支払制度」という方法がありますが、あえてこの方法を選ばずに、クレジットカード払いを選択することでポイントを貯めることもできます。

50万円なら、還元率2%のクレジットカードで1万円の還元となります(ただし、カード自体の限度額に注意です! 電話をすれば一時的に増やせる場合もあります)。

かなりの節約ですね。

関連記事 改めてリクルートカードプラスの還元率2%の破壊力に驚いた日


なお、後で健康保険組合などに出産育児一時金を請求するときに、出生証明が必要といわれ、病院に書いてもらったら3,000円くらいかかってしまった、というケースがあって、せっかくの節約技の効果が減ることもあります。

母子手帳のコピーや住民票の写しなどで代用できないか、あらかじめ確認しておくとよいかもしれません。


「帝王切開」で保険金が出ないか?

医療保険などの手術を保障する保険に加入している場合には、「帝王切開」は手術給付金の支払い対象となります。

忘れずに手続きを取りましょう。

意外と忘れていることがあります。


=======

2015年年末調整特集

2015年(平成27年)分の年末調整に関する記事をまとめました。