【お知らせ】8月10日、1万円で11,000円分使えるプレミアムギフトカード登場!

イオンギフトカード

1人1枚限りですが、イオンで使えるお得なプレミアムギフトカードが8月10日から販売されます。イオンのプリペイド型ギフトカードに11,000円分がチャージされ、1万円で買えます。

なぜこんな大盤振る舞いをするのかといえば、
イオンは、お盆の帰省や旅行、レジャー準備の需要が増えるこの時期に、お得にお買い物を楽 しんでいただける「プレミアムギフトカード」を販売します。

帰省先でのお盆玉にもご利用いた だけます。

同カードは、イオンのプリペイド型ギフトカードに1万1,000円分をチャージし、 1万円で販売します。

現在、経済対策の一環として政府が発表している、最低賃金の引き上げや、給付金支給の方針 など、消費の底上げ施策が打ち出されています

このような中、イオンは、お得なプレミアム ギフトカードを販売することで、お客さまの夏の家計を応援します。
と、お買い物の季節だし、政府の経済対策もあるし、みんなのために一肌脱ごうってことですね(たぶん)。

利用可能店舗は、次の各店舗となっています。
イオン
イオンスタイル
イオンスーパーセンター
ボンベルタ成田
マックスバリュ
ザ・ビッグ
サンデー
ジョイ
マルナカ
KOHYO
ビブレ
フォーラス
ホームワイド
ピーコックストア
まいばすけっと
イオンペット
アコレ
イオンリカー
イオンバイク
スポーツオーソリティ
R.O.U 等
う~ん。いっぱいありそうで、我が家の場合、使えるのはイオンとマックスバリュでしょうかね。

イオンプレミアムギフトカードの詳細はこちらから

※現金購入のみ。限定数に達し次第、販売終了。

有効期限は年末までですが、普段からイオンで買い物しているなら使いやすいですね。
 

===以上、お知らせでした。===
 

迷っているなら「イオンカードセレクト」ですね。 

イオンカードと一口に言っても、たくさんの種類がありますが、その中でも私の妻も愛用しているのが年会費無料の「イオンカードセレクト」です。

このカードの特徴は、電子マネーのWAONとイオン銀行のキャッシュカードがセットになっていて、1枚で3つの役割をしてくれます。

ちなみに、妻の場合は過去の利用実績からイオンカードセレクトのゴールドカードになってます。でも、ゴールドなのに年会費無料です。
イオンカードセレクトゴールド
そういえば、我が家で唯一のゴールドカードですね(最近はあまりゴールドカードをもっているからといってお店の人の態度が変わるとか、そういうことはほぼないのですが・・・)。


【すぐに詳細を見たい方はこちらからどうぞ】



【大前提】 年会費無料、還元率0.5%

イオンカードセレクトは、無条件で年会費が無料です。

還元率は0.5%ですので、一般的なクレジットカードと同じですね^^;

しかし、使い方によってはメリットがたくさん出てくるクレジットカードなので、メインカードがほかにあったとしても、サブカードとして持っている人もたくさんいます。

我が家でも、私のクレジットカード(還元率1%以上)でたいてい支払いをして、イオンカードセレクトの方が有利な場合に、登場します。

まあ、主にイオンや電子マネーのWAONが使えるお店で使うときですけどね。 

イオンに行くなら持っていないと損するカード!

イオンカードセレクトを私の妻が愛用している理由は、次の6点です。
  1. 毎月20日・30日は5%OFFのお客さま感謝デー
  2. WAONのオートチャージで0.5%還元(税金もポイントが!) 
  3. イオン銀行の普通預金金利が0.12%
  4. イオンシネマで映画の割引あり
  5. 年会費無料のゴールドカードになればイオンラウンジも利用OK
  6. 入会・利用キャンペーンがオトク 
それでは、1つずつ、順番に見ていきましょう。
 
スポンサーリンク


【メリット1】 毎月20日・30日は5%OFFのお客さま感謝デー

毎月20日、30日になると、テレビCMをやっているのでご存じの方も多いかと思いますが、イオンやマックスバリュなどで5%OFFになるお客さま感謝デーをやっています。
お客さま感謝デー
出典:イオン公式サイト


我が家は、すぐ近くにイオンがあるわけではないので、普段の食料品の買い出しは、イオン以外のスーパーを利用していますが、「衣料品」については、かなりイオンで買ってます。

特に子どもの服は、リーズナブルな西松屋で探すことも多いのですが、お客さま感謝デーを狙って、イオンで購入することも多いです。

というのもイオンカードセレクトをもっていると、衣料品だとレジにて20%OFFとか、カード会員限定の割引特典企画をよくやっていて、こんな感じでハガキがよく届くんですね。

DSC_0024

こういうダイレクトメールって、興味ないって捨ててしまうことが多いと思うのですが、我が家の場合は、なくさないようにしっかりとっています。それはもう、なくならないように、置き場所まで決まっています(玄関の近く)。

それくらい、ピンポイントでおトクな日を狙って買い物をしています。 

【メリット2】 WAONのオートチャージで0.5%還元(税金もポイントが!)

メリット1は、イオンカードであれば、他の種類でも同じなのですが、イオンカードセレクトをなぜすすめるのか?ということで、他のイオンカードと違う点もご紹介しましょう。

それが、電子マネーWAONのオートチャージです。

そもそも電子マネーWAONは「WAONカード」やスマホのアプリもありますが、イオンカードセレクトでは電子マネーが「一体型」になっています。つまり、1枚で2役です。

さらに、最初に説明したように、イオン銀行のキャッシュカードにもなるので1枚で3役になります。

WAON
出典:WAON公式サイト

妻のイオンカードセレクトの左下にも、ワンちゃんがいますね。
イオンカードセレクトゴールド

なお、「WAONカード」という電子マネーだけのカードを手に入れようとすると、発行手数料が300円かかります。

一方で、イオンカードセレクトなら、申込み自体にお金はかからないので、電子マネーWAONを実質無料で手に入れることができます。これはいいですね。


さらに、一体型のメリットを活かして、オートチャージができます。

オートチャージ
出典:WAON公式サイト

・・・なんだかお金を食べるイラストに見えてきましたが、そういえば、この白いワンちゃんの名前はHappy Waon(ハッピーワオン)というそうです。なぜか首輪が宙に浮いてますが、これはイオングループのマークです。


さて、オートチャージとは、電子マネーのSuica(スイカ)では有名なチャージ方法ですが、買い物の際に、支払い後のWAON残高が一定金額未満になると、自動的(オート)にWAONがチャージされる仕組みです。

電子マネーというのは、「事前に手動」で現金やクレジットカードでチャージするのが一般的ですが、自動でできるので、残高不足を防止できます。


電子マネーWAONへのオートチャージができるクレジットカードは他にもあるのですが、ポイントが貯まるのはイオンカードセレクトだけという点が重要です。

WAONポイント
出典:イオンカード公式サイト

このため、さらにWAONの利用でポイントが貯まるお店で使えば、オートチャージとWAONの利用でポイントの2重取りができます。


WAONに限って言えば、現金チャージや他のクレジットカードよりもオトクですね。

私の妻もオートチャージ機能を活用しています。


なお、イオンカードセレクトのオートチャージは、「イオン銀行」から引き落とされる点にご注意ください(普通預金口座の残高がないとオートチャージできません)。


また、このブログでは、セブンイレブンでnanacoで税金を払う方法をご紹介していますが、実は、ミニストップでも今年2月からWAONを使って税金や公共料金が払える収納代行が可能となりました。

ほかにも、ゆうパック、切手・はがき・印紙、ギフトカードの購入ができるようになっています。

収納代行
出典:WAON公式サイト


このため、イオンカードセレクトで間接的に税金や公共料金を支払ってポイントを貯めることができます。

イオンカードセレクト
↓ チャージ時に0.5%ポイントゲット
WAONカード
↓ 注:2重取りはできません!
ミニストップで税金や公共料金を支払い



<デメリット> 上限は5万円まで

ミニストップで収納代行をすることができるようになったのですが、1回あたり上限5万円までというのがちょっとネックですね。

といっても、固定資産税であれば、4分割して支払えば、たいてい5万円以内におさまることが多いのではないかと思いますし、軽自動車は全く問題ありませんし、自動車税であっても、3~4万円くらいの方が多いので、それほど問題ないと思います。

先日、水道料金を試しにミニストップで支払いましたが、あっさりWAONで支払うことができました。

また、税金を払えるとはいえ、あくまで還元率は0.5%なので、還元率1%以上を狙うなら、下記の電子マネーnanacoの裏技の記事が参考になると思います。

nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること


【メリット3】 イオン銀行の普通預金金利が0.12%

イオンカードセレクトを持っていると、イオン銀行の普通預金金利が0.12%になります。

マイナス金利のこのご時世、下手な定期預金よりも高くなりますね。

イオン銀行金利
出典:イオン公式サイト

いつでも引き出せる普通預金でありながら、定期預金よりも高い金利を得ることができるのはメリットですね。

繰り返しになりますが、オートチャージをする場合には、イオン銀行から引き出されるので、口座の残高が不足しないように、ご注意ください。

【メリット4】 イオンシネマで映画の割引あり

大人1,800円が映画館の一般的な値段ですが、まさか、その値段で見ていませんよね。

映画代は安くみよう! 1,100円以下にする方法まとめ」に書いたように、いろいろな割引制度を活用したいところです。

イオンシネマ
出典:イオンシネマ公式サイト


その中でも、、

20日・30日のお客様感謝デーなら1,100円(700円引き!)で

通常でも1,500円(300円引き!)で


映画が観れるという点が重要ですね。


妻も小説やコミックスが原作になっている映画の中で気になったものは、たいていイオンシネマで観ていますが、入場料についてはシビアなので、割引制度をしっかり使っています。

【メリット5】 年会費無料のゴールドカードになればイオンラウンジも利用OK

この写真のとおり、妻はゴールドカードです。
イオンカードセレクトゴールド

ゴールドカードというと、年会費がお高いんじゃないんですか?というイメージがあるかもしれませんが、最初に書いたように、年会費は無料です。

ゴールドカードとしての特典は、主に次の2つです。
ゴールドカード
出典:イオンカード公式サイト

1つ目は、国内外の旅行傷害保険が無料でついてくる点ですね。

まあ、我が家の場合はあんまり旅行に行かないので、そんなにメリットはないのですが、2つ目のイオンラウンジは、これは意外と使えます。

イオンに行くと、ひっそりと入口があって、「え? こんなところにあるの?」みたいなつくりになってますが、買い物の途中で休憩するのに最適です。


そもそも、イオンって、いい運動になりますよね。

イオンの端の方で買い物して、あ、しまった、買い忘れた!と思ったら、実は反対側の端の方だったりするのですが、それがまた歩く、あるく・・・。

途中で休憩するのに、まあ、ソファに座るのもいいですが、イオンラウンジを利用したことがない方は、ぜひご友人がゴールドカードをもっていたら、ついていってみてください。同伴者も原則3名までOKなので、本人以外も利用できます。

私も妻にちゃっかりついていって、セルフサービスでドリンクが飲めたり、お菓子を食べることができます。

もちろん、イオンの商品です(笑)


<デメリット> ゴールドのハードルはちょっと高いんじゃないか?

ちなみに、ゴールドカードになるためには、原則として、直近の利用金額が100万円以上になる必要があります。

招待状のようなものが妻に届いて申し込むだけでしたが、当時100万円も・・・使ったのかな?

それ以外のハードルがもう少し低い条件でもゴールドカードになれたという報告例もあるので、妻の場合はちょっと違うかもしれません。

【メリット6】 入会・利用キャンペーンがオトク

ネット限定の入会・利用キャンペーンをよくやっています。

特にイオンカードセレクトは、イオンカードの中でも人気があるので、定期的にキャンペーンを行っています。

気をつけないといけないのは、イオンでもクレジットカードの入会キャンペーンをやっていることが多いのですが、ネット限定の入会・利用キャンペーンの方がオトクになる場合がありますので、申し込むときは、オトクな方を選びましょう。

といっても、イオンで買い物の最中に足を止めてクレジットカードの申込みをするのは、家族がいると面倒ですよね。

特にお子さんは、申込用紙を書いているうちに、「ママ、まだ~」とだんだんつまらなくなってくるものです。

そういう意味では、ネットで申し込んだ方が、楽とも言えます。

まとめ:イオンカードセレクトを愛用する6つの理由

  1. 年会費は無条件で無料
  2. 毎月20日・30日は5%OFFのお客さま感謝デー
  3. WAONのオートチャージで0.5%還元(税金もポイントが!)
  4. イオンシネマで映画の割引あり
  5. 年会費無料のゴールドカードになればイオンラウンジも利用OK
  6. 入会・利用キャンペーンがオトク
この記事を書いていて思いましたが、我が家の、というよりは、妻の生活スタイルに合ってるカードなんですね。

イオンカードは長く妻が愛用していますが、今後もイオンが存在する限りは、我が家にとって重要なクレジットカードの1枚として活躍してくれることでしょう。

【イオンカードセレクトの詳細はこちらからどうぞ】


⇒ イオンカードセレクト