この記事は、書庫のある家.comの「実は、セブンカード・プラスがnanacoチャージでお得な3つの理由」に移転しました。2015年3月からnanacoチャージでもnanacoポイントが貯まるようになったのが「セブンカードプラス(チャージ還元率0.5%)」です。

nanacoチャージといえば、「漢方スタイルクラブカード(還元率1.75%→0.25%)」の改悪で多くの人が涙をのみ、「リクルートカードプラス(還元率2%)/リクルートカードJCB・VISA(還元率1.2%)」「楽天カードJCB(還元率1%)」が有力な選択肢となっています。


そんな中、私はあえて、セブンカード・プラスも持っています。


「還元率」はどう考えても他のカードの方が上です。

しかし、少し見方を変えると、実は、セブンカードプラスがnanacoチャージでお得な3つの理由をご紹介します。

スポンサーリンク




【お得な理由1】
nanacoポイントは税金や公共料金の支払で実質キャッシュバックができる。


漢方スタイルクラブカードは、「Jデポ」といって、後日の支払いからポイント還元分を値引きしてくれる仕組みがありました。

払わなくてもよい分、手元にお金が残るわけですから、実質、キャッシュバックです。

これは本当に良い仕組みで、ポイントの利用方法なんて考えなくてすみました。


しかし、漢方スタイルクラブカードが改悪された後、「リクルートカード」と「楽天カード」が人気ですが、みんな困っているのは「ポイントの使い道(出口戦略)」です。


いくら還元率が高いクレジットカードを選んだとしても、貯まったポイントが使いづらければ、意味がないわけです。

入り口戦略と出口戦略

例えば、リクルートカードプラスの還元率2%は、どのクレジットカードと比べても文句なしに高いです。

では、リクルートカードプラスを使って貯まる「リクルートポイント」はどうでしょうか?

リクルート系のサービス(ホットペッパー、じゃらん、ホットペッパービューティなど)を利用する方や共通ポイントPontaでローソンやケンタッキー・フライド・チキンなどを利用する方、本をたくさん安く買いたい方にとっては、非常に使いやすいポイントです。

使い道がある方は、損がないカードですね。


もう1つの楽天カードはどうでしょうか?

「楽天スーパーポイント」として還元されますが、同じように楽天市場などの楽天グループでの利用やサークルKサンクスなどの利用に使う方は問題なく使えます。


しかし、これらを利用しない方、ざっくり言えば、ネット通販やコンビニ・チェーン店を普段あまり利用しない方にとってはポイントが貯まっても使い道に困るわけです。


「私は、リクルートのサービスもPontaも楽天市場も使わないんです。どうしましょう・・・」


今まで漢方スタイルクラブカードを利用して、ポイントの使い道に困らなかった方ほど、リクルートカードや楽天カードへの乗り換えで困っています。


そこで登場するのがセブンカード・プラスです。

nanacoポイントでもらえます。


そんなの当たり前じゃないか!と思うかもしれませんが、これがとても重要なことで、貯まったポイントで「税金や公共料金」が払えます


例えば、1万円分の税金をnanacoで支払います。

税金は払わないといけないものですから、ポイントのために無理矢理買い物をするということではありません。

すると、手元には何が残るでしょうか?

使わなかった現金1万円です。

これが実質キャッシュバックという意味です。

Jデポでは、クレジットカードの支払いから値引きできて実質キャッシュバックでしたが、こちらも同じようなことができます。

リクルートポイントや楽天スーパーポイントのように、「何に使えばいいんだろう・・・」と途方に暮れる必要はありませんね。

ポイント還元率についても、

メインカード:漢方スタイルクラブカード

サブカード:セブンカード・プラス


という組み合わせにすることで、確保することができます。


お得な理由2】
nanacoチャージ5万円でも年会費が無料になる。



「還元率2%のリクルートカードプラス」には、2つデメリットがあります。

1つ目は、先程書いたように、ポイントの使い道(出口戦略)を考えないといけないということです。

2つ目は、年会費2,000円+税です。


年間27万円以上使うのであれば、リクルートカード(還元率1.2%)よりもメリットはありますが、それほど使わないのであればデメリットとなってしまいます。

そのため、リクルートカードプラスを選ぼうか迷っている方には、リクルートポイント(またはPonta)を使えて年間27万円以上の支払いがあるかどうかを質問します(YesならリクルートカードプラスでもOKですね)。


一方、セブンカードプラスは、1つ目はさっきの「理由1」の通りですが、2つ目については年会費がかかり、500円(税込)となっています。

なんだ、年会費がかかるのか、と思われるかもしれませんが、ある条件を満たせば無料になります。


その条件が、年間5万円利用することです。

月4千円ちょっと利用すればいいわけですが、実は、nanacoチャージ5万円分でもこの条件をクリアすることができます。

ふつうは、買い物などをしたり公共料金の支払いにあてたりしないと無料にならないカードの方が多いように思いますが、セブンカードプラスはnanacoチャージも利用対象になりますので、年会費無料は簡単に達成できるかと思います。

なお、リクルートカードプラスは、いくら支払っても年会費無料にならないんですよね(う~ん、残念!)。



お得な理由3】
本家がnanacoチャージでポイントOKにしている。


ライフカードに漢方スタイルクラブカードの2大クレジットカードが、立て続けにnanacoチャージだけ改悪されたことを受けて、「リクルートカードや楽天カードも大丈夫だろうか」という声をいただくようになってきました。

私も、漢方スタイルクラブカードをメインで使っている頃から、リクルートカード(年会費無料、還元率1.2%)を別途持っていました。

これは、「いつクレジットカードからnanacoチャージへのポイント付与がなくなるかわからない」ため、念のために持っていたのです。

実際、ライフカード、漢方スタイルクラブカードが相次いで改悪となってしまいました。

何しろ、乗り換えようにも、クレジットカードの発行には多少の時間がかかりますし、そもそも審査に落ちる可能性だって、状況によっては起こります。


クレジットカードは作れる時に作っておかないと、いつでも作れる、というわけではないのです。


そして、私が現在、セブンカードプラスを持っているのは、リスクヘッジという意味合いもあります(少なくとも5万円チャージすれば年会費無料でポイントはもらえるので損はしません)。


また、nanacoチャージ改悪の時代に、あえて逆にnanacoを運営している本家自身がnanacoチャージでポイント還元をOKにしたというクレジットカードの「改善」に驚きました。

実は、セブンカードプラスは、最近、改善ラッシュなのです。

・年会費1,000円→500円に引下げ

・家族カード提供開始

・イトーヨーカドーとヨークマートの年間利用額に応じて最大1万ポイントのボーナスポイントを付与



これは素人考えではありますが、セブン&アイグループでは、セブンカードプラスというクレジットカードに対して、かなり力を入れているのではないかと思うのです。

そのため、個人的には、他のクレジットカードが改悪されても、nanacoチャージについてちょっとやそっとじゃやめることはないのではないかと考えているところです。


お得な理由まとめ】
1.nanacoポイントは税金や公共料金の支払で実質キャッシュバックができる。

2.nanacoチャージ5万円でも年会費が無料になる。

3.本家がnanacoチャージでポイントOKにしている。


・・・というわけで、3つの理由を並べてみましたが、もちろん、魅力はnanacoチャージだけではありませんので、セブンカード・プラスを利用しながら、nanacoポイントをお得にゲットするための方法もあわせてご紹介します。


【方法1】
「入会」でnanacoポイントゲット


まず最初にnanacoポイントがゲットできるのが入会時です。

どのクレジットカードも入会時にはいろいろなキャンペーンをやっているものですが、セブンカード・プラスでもキャンペーンをやっています。

ただし、入会時に戸惑うのは、「どれを選択したらいいの?」ということですね。
セブンカードの種類
[出典] セブンカード公式ホームページ

セブンカードはnanacoチャージしてもポイントがつかないため、対象外ですが、セブンカード・プラスについては、

・nanaco一体型/JCB
・nanaco一体型/VISA

・nanaco紐付型/JCB
・nanaco紐付型/VISA


の4種類があります。

私のおススメは、「nanaco一体型」です。

なぜなら、「無料」でnanacoカードを1枚手に入れられるからです。

nanacoカード1枚は300円するわけですから、300円のトクですね。

ちなみにブランドはJCBでもVISAでもnanacoチャージでポイントが貯まるため、好きな方を選ぶと良いかと思います(JCBしかダメな楽天カードとは違いますね)。

私は、他にJCBカードばかり持っているので、「nanaco一体型/VISA」にしました。



【方法2】
セブン銀行を支払口座にしてnanacoポイントゲット


【方法1】の入会キャンペーンでも、セブン銀行をクレジットカードの支払口座に指定すると、ポイントがもらえることが多いです。

せっかくセブンカード・プラスを利用するなら、「セブン銀行」もあわせて口座開設をすることをおススメします。

また、クレジットカードの支払いのたびに、自動的にnanacoポイントがゲットできる点もうれしいですね。


【方法3】
セブンイレブンで買い物をしてnanacoポイントゲット


<基本編>

セブンカード・プラスが力を発揮するお店の中で、最も使いやすいのはセブンイレブンではないでしょうか。

セブンイレブンでの買い物でセブンカードプラスを利用すると、還元率1.5%でnanacoポイントがゲットできます。


<応用編>

セブンイレブンの買い物で、還元率をさらに高める方法が、「nanacoボーナスポイント」です。
nanacoボーナスポイント
[出典] セブンイレブン公式ホームページ

セブンイレブンに行くと、10ポイント還元などになる対象商品があることに気づきます。

これを、セブンカード・プラスで買えば、nanacoポイントがゲットできます。
ボーナスポイント
[出典] セブンカード公式ホームページ

これによって、商品によっては5%~10%のnanacoポイントが還元されるものもあります。


【方法4】
イトーヨーカドーで買い物をしてnanacoポイントゲット


<基本編>

イトーヨーカドーの買い物でも還元率1.5%でnanacoポイントがゲットできます。

<応用編>

さらに、イトーヨーカドーでは、毎月「8」の付く日はセブンカード・プラス利用で5%OFFになります。
ハッピーデー
[出典] セブンカード公式ホームページ


<ヘビーユーザー編>

さらに、イトーヨーカドーを年間100万円以上利用すると3,000nanacoポイントが、150万円以上利用すると1万nanacoポイントがゲットできます・・・が、これはあまりにヘビーユーザー向けですね。
累計ボーナス
[出典] セブンカード公式ホームページ

 
⇒ セブンカード・プラスの詳細はこちら 


なお、入会・登録でnanacoポイントプレゼントキャンペーンをやっていますが、「支払い名人」は「リボ払い」のことですので、ご注意ください。


nanacoチャージの方法については、次の記事に詳しく書いています。

【関連記事】
nanacoとクレジットカードで税金や公共料金を節約するために気をつけること : 書庫のある家@i-cube