リクルートカードプラスショックでみんなはどう動いたのか?

忘れもしない3月4日のリクルートカードプラスショックから3日が経ちました。

⇒ 【悲報】リクルートカードプラスのnanacoチャージは9月終了

9月16日からリクルートカードプラスのnanacoチャージは、いきなり還元率0%となります。

昨年、漢方クラブスタイルカードの還元率1.75%⇒還元率0.25%どころか一気に0%と落差が激しいですね^^;

さて、その後、このブログにも続々とお問い合わせをいただいており、また、リクルートカードプラスの乗り換え先として、どのカードを選んだのかをご紹介しましょう。
スポンサーリンク


リクルートカードプラスを使っている人は、次のカードをどうする?

このアンケートは、3月5日から7日までの間に実際にカードの乗り換えを行った方を対象に、私が独自に集計しました。

そのため、たった3日間の傾向ではありますが、参考になれば幸いです。
リクルートカードプラスの乗り換え先


第1位:予想どおりの「リクルートカードVISA」

リクルートカードプラスは改悪となりましたが、同時に、還元率1.2%のリクルートカードVISAとJCBについては、その後も継続することが明言されました。
リクルートカードVISA
こうなると何が起こるかと言えば、

・リクルートカードプラス【還元率2%】
nanacoチャージ以外は還元率2%で還元率No.1である点は変わらないのでキープして、クレジットカード払いができるものはこのまま継続

・リクルートカードVISA【還元率1.2%】

nanacoチャージ用のクレジットカードとしてリクルートカードプラスとの2枚もち


そうなんです。

リクルートカードプラスはJCBなので、リクルートカードJCBは同じブランドのため2枚もちはできませんが、リクルートカードVISAはブランドが異なるので2枚もちができます。

改悪の情報を聞いた時に、リクルートカードVISAを申し込む人が増えるであろうことは予想でき、実際にアンケートでは1番人気でした。

⇒ 【楽天Edyもポイントが貯まるVISAはいかが?】 リクルートカード還元率1.2%の詳細はこちら

第2位:「楽天カードJCB」はなんだかんだ強い 

リクルートカードVISAの次は、楽天カードJCBが乗り換え先として注目されていました。
楽天カードJCB
正直、楽天カードはすごいカードです。

nanacoチャージで改悪をする気配が全くないんですよね。

いや、そもそもクレジットカード自体の改悪が今まで知っている範囲で起こってません。
2016/03/08 訂正
昔、楽天Edyについてポイントがつかなくなったときがありましたね。今も同じ楽天なのにショボいです。akiさん、ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m

カードについて賛否両論があるのは間違いありませんが、リクルートカードやYahoo! JAPANカードを知らない人はたくさんいても、楽天カードはよく知られているので、そうおかしなこともできないでしょう。

そして、入会キャンペーンをがっつりやるのですね。

大盤ぶるまいなカードです。

正直、キャンペーンは、ある程度カードがいきわたるとやめるのですが、楽天カードは長く続けていて、それこそ毎日多くの楽天カードユーザーを増やしています。

なぜでしょう?

ちゃんとうまい話には裏があります。

1つの理由は、キャンペーンでポイントを与えて、「楽天市場」で買い物をさせることです。

ん? どういうこと?

と思うかもしれませんが、「楽天市場を使ったことがない人」にとっての1番のハードルは、楽天市場ってどうやったら使えるかわからないし、面倒だからや~めた、ということですね。

しかし、例えば5000円分のポイントを、入会キャンペーンでもらったらどうでしょうか?

ちょっと面倒でも楽天市場で買い物をしますよね。

そうすると、一度でも楽天市場での買い物を体験して「簡単だ」と思ってもらえたらしめたものです。楽天市場で買い物をするハードルを下げることが目的ですね。

楽天カードの最大の強みは、楽天カードだけで儲ける必要がないという点です。

楽天市場を含めた楽天グループ全体で儲かれば良いという発想なので、入会キャンペーンも継続していますが、nanacoチャージも今後も続くと個人的に予想しています。

そういう意味で、安定を求めてnanacoチャージ用に楽天カードを選ぶのはアリだと思います(もう、乗り換えしたくないですものね)。

⇒ 楽天カード【JCB】の詳細はこちら(キャンペーン実施中)


また、楽天カードVISAなどのように、他のブランドのものではnanacoチャージが使えませんが、これを機会にブランド変更をしてJCBに変える方もいました。

楽天スーパーポイントは、なくならずにブランドを変更できますよ。

関連記事 楽天カードのブランドをJCBに変更する方法と楽天ポイントがなくならない理由

第3位:「Yahoo! JAPANカードJCB」も大健闘

本当はリクルートカードVISAの圧勝だと思っていたので、大健闘と言っていいでしょう。
Yahoo! JAPANカードJCB

Yahoo! JAPANカードJCBの魅力は、なんといってもTポイントが貯まる点でしょう。

楽天は苦手~という方にとっては、Tポイントの方がなじみがあるかもしれません。

  1. TSUTAYA
  2. 蔦屋書店
  3. ネットオフ(中古本、中古CD等)
  4. ガスト
  5. ファミリーマート
  6. ロッテリア
  7. 牛角
  8. ドトール
  9. エクセルシオールカフェ
  10. ドラッグユタカ
  11. エディオン
  12. アルペン
  13. ゴルフ5
  14. スポーツデポ
  15. カメラのキタムラ
  16. ENEOS(ガソリンスタンド)
  17. Yahoo!ショッピング
  18. LOHACO(ロハコ)
  19. ニッセン
  20. Yahoo!公金支払い(ふるさと納税)
などなど

どこかのお店をよく利用するなら、ポイントはそこで使うと決めてしまえば楽ですね。

私はドトールやロッテリアでよく使ってます。

使い勝手が良いのでおススメです。

⇒ Yahoo! JAPANカード【JCB】の詳細はこちら(キャンペーン実施中)


なお、楽天カードと同様に、nanacoチャージでポイントが貯まるのはJCBブランドのみです。

そのため、VISAなどをお持ちの方は、いったん解約して、再度JCBで申し込む必要があります。
Yahoo! JAPANカードブランド変更
ここで気になるのはYahoo! JAPANカードに貯めたTポイントですが、そのままでは失効してしまします。

そのため、事前に使い切るか、移しておく必要があります。詳細は下記をお読みください。ちょっと面倒ですね^^;

⇒ 【公式サイト】Tカードポイント移動手続き



私は「複数もち」をおススメします。

さて、neronaさんはどうするんですか?とのことですが、リクルートカードプラス還元率2%は今後も継続して持ちます。

3月15日で申込みが終了してしまいますが、そもそも支払の全体に占めるnanacoチャージの割合は、20%~30%です。

これ以外の支払は還元率2%でした方が得するので、そのままにします。

・・・まあ、変えるのが面倒というのもありますが。


もちろん、漢方クラブスタイルカードが昨年12月に還元率1.75%が1.5%に改悪されるようにリクルートカードプラスも還元率引下げとなれば、また検討しますが、今のところはすぐに動かない予定です。

そして、9月15日まではしっかりチャージして使おうと思っています。

その後ですが、現在、
  • 楽天カードJCB 還元率1%
  • Yahoo! JAPANカードJCB 還元率1%
の2枚を持っているので、これらでチャージをしてもいいのですが、リクルートカードVISAも申し込む予定です。
リクルートカードVISAの申込み

・・・ただし、現在、ちょうど住宅ローンの借換えの申込みをする大事な時期なので、念のため、クレジットカードの申込みは、それからにしたいと思います。

9月までまだ時間があるのに、焦って同じ時期にやって、借換えの審査に落ちたら意味ないですからね。


いずれにしても、今回のリクルートカードプラスショックがあっても、まあ、しかたないなあ、今までありがとう!と余裕があるのは、次のカードを用意しているからです。

今は会社員だから割とクレジットカードの乗り換えを自由にやってますが、これが転職した後だったり、自営業だったりすると、作れる時に作っておかないとクレジットカードも信用が少なければ、審査に落ちる可能性が高まります。


第1位
【楽天Edyもポイントが貯まるVISAはいかが?】 リクルートカード還元率1.2%の詳細はこちら

第2位
楽天カード【JCB】の詳細はこちら(キャンペーン実施中)


第3位
Yahoo! JAPANカード【JCB】の詳細はこちら(キャンペーン実施中)



今後もどうなるかわかりませんが、だからこそ、改悪になっても慌てないように備えておきたいですね。