毎月月初にしていたのに、12月は寄付先を探しているうちに20日になってしまいました。

というわけで、今年はこれで最後だと思います。

===

寄付は何か所もしているとだんだん忘れてしまうので、備忘のため記録を残し、寄付をするたびに追加していくことにします。

誤解を招く表現をあえて言えば、私が寄付しているのは「自分のため」です。

寄付先でどうお金が使われているかなんて、どうでもいいことです。金は天下の回り物。

情けは人のためならず、巡り巡って己のため。

お金を「溜」めずにお金を手放すことです。

息を吐いたら、吸いたくなるように、お金も手放すと、入りたくなる性質があるそうですよ。

なお、ふるさと納税については特産品をもらっていませんし、特に興味もありません。

そんなことしなくても、ちゃんとお金が回ってきますからね。  スポンサーリンク


【2015年】
寄付先:社会福祉法人〇〇会
寄付日:毎月
目的:子育て支援

金額:月8,000円×12か月=96,000円

地元で活動している社会福祉法人に昨年から寄付をしています。
a0027_002833
子育てについて非常にしっかりとした考え方を持っていて、子育てに関する制度改悪も行政に対して署名活動などを行っており、このような形でも支援しています。

障がいがあるうちの子どももお世話になっているため、こういうところにがんばってほしいと考えています。

======
寄付先:日本赤十字社
寄付時期:2015年5月
目的:2015年ネパール地震救援

金額:50,000円

本当に地震というのは、一瞬で広範囲にわたって多くのものが失われる恐ろしい自然災害です。
a0990_000081

直接行くことはできませんが、できる範囲で少しでも何かのお役に立てれば幸いです。

関連記事 あなたの1000円を5万円に変えるとても簡単な方法
 
======
寄付先:〇〇県〇〇市
寄付時期:2015年6月
目的:ふるさと納税

金額:50,000円
特産品:辞退


初めてのふるさと納税は、自分が小さい頃に育った場所に寄付をすることにしました。
a1150_001316
市といっても、人口は少なく、当然、少子高齢化もかなり進んでいるわけですが、やはりふるさとは残ってほしいなと思っています。

======
寄付先:群馬県富岡市
寄付時期:2015年8月
目的:ふるさと納税

金額:10,000円
特産品:辞退

r3
楽天市場からふるさと納税ができるということで、やってみました。完全に大河ドラマの影響ですね。

======
寄付先:日本赤十字社
寄付時期:2015年9月
目的:平成27年台風第18号等大雨災害義援金

金額:20,000円
5
10月分も先取りして2万円を寄付しました。

======
寄付先:赤い羽根共同募金(社会福祉法人中央共同募金会)
寄付時期:2015年11月
目的:愛知県における障がい者福祉のため

金額:10,000円
赤い羽根
赤い羽根2
もっとも身近な寄付である赤い羽根募金をやってみました。1口1000円なんですね。

======
寄付先:
寄付時期:2015年12月
目的:小児がんと闘う子どもたちのため

金額:10,000円
20151220寄付
はじめてYahoo!ネット募金を利用して寄付しました。Yahoo!JAPANカードからの寄付となります。

====

2015年

合計 246,000円



既に寄付したことも忘れそうになるので、この記事をあとで読んで、確定申告で忘れずに寄附金控除をしたいと思います。

なお、自分のためとか言っておきながら、寄附金控除・税額控除で所得税が返ってきたり、住民税が減額されたりするので、全て自己負担ではありません。

「自己負担」がいくらになるのかは、寄付先がバラバラなので計算しませんが、まあ、寄付ですからあんまり気にせず自分が支援したいところを選びました。


また、クレジットカードやポイントカードを駆使してたまったポイントもあてているので、皆さんが思っているほどは家計から出ていません。

もっと寄付してもいいのかもと思うところです。


お金を「溜」めている方がお金について学ぶためにおススメの方法です。

 
関連記事
住宅ローン控除でふるさと納税のメリットがない!? ふるさと納税失敗事例11選【2015年版】