財布を開いたら・・・
お財布


・・・な、なんだって(;゚Д゚)


たったの1円!?


1円しかないぞ!


ああ、お金がない。


自分にはお金がないんだ・・・。 スポンサーリンク




と思うことはよくありましたね~。


不思議なもので、財布にはほかにクレジットカードや電子マネーが入っていて、現金でなければお金はもっているのです。


しかし、やはり現金がないと「お金がない」と思ってしまいます。


クレジットカードが使える店なら物を買うことができるし、電子マネーが使える自動販売機ならジュースだって買えます。


でも、500円玉や1000円札が入っていないと、「お金がない」と感じてしまいます。



というわけで、私は、お財布に常に10万円以上入れるようにしています。


これで、お財布を開くたびに、「ああ、自分っていっぱいお金持ってるんだなあ」と思うことができます。


とても簡単です。


50万円とか100万円入れるには、ちょっと財布がそういう大きさではないので入れませんが、10万円ならたいていのお財布には入るかと思います。


あ、ただ、崩すのが面倒なときもあるので、必ず銀行から引き出すときには千円札も一緒に引き出してます。



ちなみに、お札の向きをそろえた方がいいと言っている本をよく見かけますが、「自分がそろえるとパワーがもらえる」と思うのであれば、そろえた方がいいと思いますし、そう思わないならどうでもいいと考えています。
 
自分がその方がいい気持ちになれるならそれでいいでしょうし、合わないなら無理にやることでもないと思います。


さて、10万円持っていると落とすのが怖くないですか?という疑問になるのですが、毎月、寄付をしているせいか、落としたら10万円寄付したと思って、良かったね、と思って終わりです。

誰かの空腹が満たせたかもしれません。良かったですね。


そういえば、2月の寄付は駅周辺でやっていた盲導犬の募金でした。

実はネット上で寄付をするのが多いので、こういう場所で寄付をするのは小心者なものですから、ちょっと勇気が必要だったのですが、盲導犬がいい顔してたので近寄って、寄付をしてみました。

「え? そんなにですか?」

と目を丸くしていましたが、お財布の中に余裕があるということは、自分の心にも余裕があるわけで、寄付をしても「ああ、どうぞどうぞ。良かったら使ってください」という感じで、あんまり気にならないということがよくわかりました。


まあ、普段は現金、そんなに使いません。


このブログでご紹介しているように、クレジットカードや電子マネー・ポイントカードを駆使しているカードマニアなので、10万円はあんまり減りません。

銀行にはたまに記帳しに行くくらいで、現金の引出しはすべてコンビニのATMで手数料無料で自分の好きなときにやってますから、手数料を払うことはめったにありません(うっかり間違えない限り)。


面白いのは、お財布に10万円くらい入れて買い物に行くと、大体、自分がほしいものは今すぐ買えるなあ、ということに気づきます。

あれもこれも買えるし、まあ、今日はいいかあ、と思います。

中途半端にお金を入れていた頃の方が、もっとお金に執着していたと思います。


そんなの、10万円もないよ!と思う人もいるかもしれませんが、本当に?

銀行口座に10万円入ってないですか?

別に3万円でもいいから入れてみたらいいじゃないですか。

どんな気持ちになるか、案外、大したことないかもしれませんよ。


1つだけ言えることは、

「お金がない」というのはウソです。


大ウソです。


最初の写真だって、1円玉が「あった」じゃないですか。


1円でもお金があったらお金はあります。


1円でも1万円でも1億円でも、お金があることには変わりありません。


でも、人間、気持ちがあっちいったりこっちいったりするので、私なんかは「お金がある」ことをいつも確認するために、お財布に10万円入れています。
 
良かったら今後、10万円以上、引き出してみて下さい。

きっと何かが変わります。